FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

東方神起が大好きです^^

ユノに溺れてどうしようもない毎日です。。。

第5集活動おつかれさま!そして忘れてはならない痛み。。。TAXI動画日本語字幕付き 

最近FC2がほんとに調子悪くて、さぁ!記事うp!って段になって

エラー!!!あれぇ?って何度も書き直していると

「メンテ中」_| ̄|○。。。もぉ~~~。

ちゃんと挙がるといいんですが。。。(TεT)



さて、もうご覧になったことと思いますが。。。

グッバイステージなので寂しさを噛みしめつつ。。。(>_<);



動画リンク→こちらです^^

この白い衣装、最高に王子様!!!(´Д`*)))ハァハァ


ああ。。。素敵な王子様が2人。。。(´Д`*)))ハァハァ 目に贅沢だぁ。。。

チェジュド ライブ ちゃみ

なじぇかちゃみしか探せなかった。。。_| ̄|○
おかしいなぁ。。。(TεT)

ああ。。。でもこの汗がたまんないッ!!
クリスタルの小瓶に集めて窓辺に並べたいッ!(´Д`*)))ハァハァ←ダレ?





そして。。。

な!なんとこんな嬉しい記事がッ!!ヾ(≧∇≦*)/
肩組み ホミン



東方神起は止まらない。

東方神起は去る1月、2年余りぶりに5集『なぜ(Keep Your Head Down)』を発表し、地上波3社音楽番組1位を3週にわたって席巻したのに続き『マキシマム』、リパッケージアルバムタイトル曲『これだけは知っているか'活動まで休むことなく走ってきた。これらは去る22日KBS2『ミュージックバンク』を皮切りに、23日MBC『ショー!音楽中心』、24日のSBS『人気歌謡』を通じてグッバイ舞台をクミョトウミョ6年ぶりに『ライジンソン』特別ライブステージを披露して話題を集めたりもした。正常に国内活動を終えた東方神起は、すぐに海外のファンと会う計画だ。

所属事務所SMエンターテイメントの関係者は"東方神起は、しばらく休息を取った後、海外のスケジュールを進行する予定だ。日本をはじめアジア全域からのラブコールがたくさん入って来たので、おそらく海外スケジュールに集中するんじゃないかと思っている"と明らかにした。

東方神起が最も活発な活動を展開する地域は、日本に期待される。すでに今年1月26日に発表したシングル『ワイ(Why?、Keep Your Head Down)』が発売直後にオリコンデイリー、週間、月間チャート1位をさらうなど、大きな反響を呼び5月にはデジタル放送のスカイパーフェクトコミュニケーションに立って2カ月連続で東方神起特集を放送する計画だ。この勢いを東方神起は、6月7日京セラドームで2PM、エムブラックなどと一緒に日本の大地震の被災地復興支援チャリティーライブコンサート'ソウル-大阪のミュージックオブハート2011ファイティングジャパン!』に参加し、6月15日には、チャンミンの初主演作だったSBSドラマ『パラダイス牧場』日本版OSTも発売するなど、活発な活動を続ける予定だ。


百至恩記者silk781220@sportschosun.com

元記事ソースです
  ↓ ↓
http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201104260100242790017909&servicedate=20110425

<素敵画像の出処は画像内です>


そして。。。本当にオーラス!

済州島で行われた「愛する大韓民国ドリームコンサート」です!



動画リンク→こちらです~

ああ。。。この衣装もまた大人っぽくて色っぽくて。。。(´Д`*)))ハァハァ

たまらんです!!!!!


いつも全力な2人が素敵です!!!!!ヾ(≧∇≦*)/






そして。。。



胸が締め付けられるけど、決して忘れてはならない。

決して目を逸らしてはならない。



2人の率直な思いと言葉を感じられます。

「TAXI」での車内トーク日本語字幕付き

復帰までの苦悩と決意


では続きから。。。

   。
   。
   。

ほとんど同じシーンですが、2つ挙げておきますね。




動画リンク→こちら1





動画リンク→こちら2


胸がいっぱいです。。。

何度聞いても2人の言葉にブレはないです。


あの時の2人の辛そうな表情。。。

早く忘れたい!って思った時期もありましたが



やっぱりやっぱり2人の心の傷、痛みを過去になんかできないです。



これからも2人と同じように

わたしもずっとこの痛みを抱えていたい。。。

そう思いました。。。



関連記事
スポンサーサイト



2011/04/25 Mon. 13:15 | trackback: -- | comment: -- | edit