FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

東方神起が大好きです^^

ユノに溺れてどうしようもない毎日です。。。

東方神起はやっぱり最高でした。<前説みたいなもの。> 


リンクはこちら→SMTOWN Live in Tokyo 速報@めざにゅ~



こちらは限定公開のため、リンクです~(*^ー゚)ノ
  ↓  ↓
めざまし ユンボアカップルダンス







東京ドームのSMTOWNライブが終わりました。



東方神起はやっぱり


最高です。





「最高」


今まで散々そう書いてきたけど


この「最高」という一言に含まれてる


大事なものって何なのか


2人の誇りって何なのか


その圧倒的なオーラの根底にあるものが何なのか


なぜわたしたちトンペンが


こんなに2人に惹き付けられるのか


その理由がわかったような気がします。





今回、4時間に及び繰り広げられた

ハイレベルなパフォーマンスの中で


「死にそうです」



と言いながらMCしたのは


東方神起だけ。



あの凄い体力を誇るユノが

膝に手を置き、肩で息をし、

次の言葉が出ないほどの

パフォーマンスを魅せてくれました。




「死」が

脳裏をよぎるほどの次元に達すること。





人間、なかなかそんな瞬間に立ち会えません。


わたしもずっとスポーツをしていましたが

「死ぬかもしれない」

と思ったことはそうそうありません。



俯瞰に近いその感覚を味わっている


ユノとチャンミンは


最高のアーティストだと


わたしは確信しました。





今回のSMTOWNについて、


「言いたいことは山のようにある」って


前記事に書きました。




ペンラのことだけじゃない。


納得できないことだらけ。



わたしのような、トンにしか触手が動かない

ある程度の他アーティスト情報と

ざっくりした楽曲知識しかないトンペンには

大変辛いライブでした。




わたしは昨日、ドームへと向かう前に

SMEJに問い合わせメールしました。



今日は少し身体を休めたいので

明日、そのことについて改めて書きたいと思います。


前記事に頂いたたくさんのコメントに

トンペンのジレンマがすごく反映されていて、

読んでいて本当に共感できて

胸が苦しくなりました。



正直、

腹立たしさもあります。


すごくあります。




恐らくユノとちゃみは

今回のSMTOWNの曲数や演出に不満はないでしょう。


自分たちがKANGTAさんやBoAちゃんにそうしてもらったように

後輩へと道を開き、導き、譲ることが

絶対に必要だと自覚してるから。



でも、わたしはトンペンです。




わたしからすれば、

その人柄や立場を利用されてるように思えて

すごく歯がゆくて歯がゆくてたまらなくても


2人は一見損してるように見えることも

「これが最善だ」と思い、全力で取り組んでいるでしょう。



でも、やっぱり

わたしは2人を心から愛してる

トンペンなのです。




明日は理屈じゃない、


トンペンとして

トンペンの目線で観た


2012年の SMTOWN in 東京ドームについて書きます。


もしよろしかったら。。。ぽちっとお待ちください<(_ _*)>
 ↓↓↓
U-kyou26 ユノ。。。いちいち最高なユノ。

愛してると簡単に言わない君を

その言葉の意味が

どれほど大切かを知ってる君を

心から愛してる。



日刊スポーツを読んだダーリンが
「SMEのカラーって『青』なの?」って訊いてきました。

黙認前提、建前だけの禁止事項なんかクソくらえや。



<お願い>

コメント欄に注意として書かせて頂いたんですが、
コメントを入れる場合は承認を求める公開コメはもちろん、
鍵コメでも内容と言葉を選び、考えてから記入してください。

言いたいことは恐らくみんな同じです。
でも、小さな愚痴や毒が集団によって大きくなりすぎて
負の連鎖になり、あらぬ方向へと話が進んでしまう場合もあることを
わたしはよく知っていますから。

それに読むほうもパワーを使うんですよね。

公開コメ入れたのに承認されてないぞ?って場合は
何らかの理由があるんだなと思って下さい。

決してすべてを否定するわけでなくて、
共感するところが大半でも、
ほんの一部の文章や文言が誤解を招きかねない場合もあるんです。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。/U-kyou



拍手もすっごく嬉しいです(T-T)
 ↓ ↓
関連記事
スポンサーサイト



2012/08/06 Mon. 21:55 | trackback: -- | comment: -- | edit