FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

東方神起が大好きです^^

ユノに溺れてどうしようもない毎日です。。。

祝!更なるドーム公演追加!編隊クッキーいかがです?ヴァンパイアホミン妄想小説番外編「美しき血族。。。TONE『その後』の出来事。続き」 

きた。


やっぱりきた。




      TONE特設サイトロゴ



Bigeastのみなさん、こんにちは♪

1月18日より開始しました全国ツアーについて、
多くの応援メッセージやアンケートでのご意見をいただいております。
また、ファンクラブ『Bigeast』には、日々多くの皆様にご入会・継続をいただいております!
本当にありがとうございます。

上記を踏まえ、関係各社で検討した結果、
4月に行われる東京ドーム・京セラドーム大阪公演を各1日追加し、
それぞれ3日間の計6公演実施とすることが決定しました!
この機会に、より多くの皆様に、
東方神起のパフォーマンスをご覧いただきたいと思っております。
過去最大規模の全国ツアー(全国11箇所26公演・55万人動員)のファイナルを飾る、
東京ドーム・京セラドーム大阪公演にご期待ください!!


【再追加ドーム公演日程】
★4/16(月)東京ドーム
開場/開演 16:00/18:00

★4/23(月)京セラドーム大阪
開場/開演 16:00/18:00



尚、再追加ドーム公演のチケット申込につきましても、その他のドーム公演と同様、
2/9(木)15時にスタートいたしますので、あらかじめご了承下さい。


今後とも、東方神起へのより一層のご声援よろしくお願いします。




コピー ~ TONE特設サイト画像 



----------------------------------------


こんなにBigeastや新規ペンが増えてて、

果たして4公演で収まるのか?。。。なんて思ってた方、

いたんじゃないでしょうか。


だって。。。一般販売だってあるだろうし、

肝心のビギが

ドームに行けないなんてことがあってはならないよ。(T-T)



ああ。。。どこでもいいから、2人を応援する真のビギみんなに!

みーんなにプレミアム当たればいいのに。。。

心から思う。。。

うん、祈ろう!!!(>_<);




ゆのねこたんの娘さんが作ってくれたミサンガ。

SH3E01540001.jpg



これと同じものが今、わたしの左手首についてます。

切れて初めて願いが叶うものなんだけど

もったいなくて、ずっとつけられなかった。(TwT。)



これ、つけたまま、ドームに行きたい。




55万人動員。過去最大規模。


またひとつ、塗り替える。


またひとつ、乗り越える。



この知らせがきたとき



「手が震える」

「全身鳥肌」



たくさんのメールをいただきました。


大袈裟じゃない。


わたしもそう。




喜びというよりももっと。。。


どこまで昇って行くのか


2人の可能性が無限に広がっているみたいな気がして




頭の中に浮かんだのは


あの大きなドームに光り輝く


無数の真っ赤な星々と


その真ん中に立つ二人の白い神。。。




コピー ~ 赤いペンライト





何だか怖いな。


置いて行かれそうで怖い。


ついて行かなきゃ。。。


って






きっ


きあ




気合いが入ったじぇぇぇえええええ!!!

ヾ(。`Д´。)ノ彡ウォォオオ!



ぜってーーーーー行ってやるぅぅうううう!!!

ヾ(。`Д´。)ノ彡ウォォオオ!!



当てなきゃぁぁあああああ!!!!

ヾ(。`Д´。)ノ彡プギャァアア!!!





行くぞ。絶対に行く。



みんなで行こう!!!!!!!!!



気合いだぁぁぁぁあああああ!!!!

ヾ(。`Д´。)ノ彡ウッシャァアアア!!!




--------------------------------------


はいは~い(*^ー゚)ノ

気合いが入ったところで!



チケットの交換希望です~~(^-^)


【譲】3/17(土)S席一般(9500)×2 ペンラ有り
      ↓ ↓ ↓
【求】3/18(日)と2枚交換
(連番希望…親子なので)



交換OKの方は、この記事のコメ欄「U-kyou」をクリックして、

すぐにご連絡できるメアドから、もしくはメアドを貼って


メールにて、お申込み下さい!

※U-kyouはご連絡先の仲介をするだけなので、
  そこから先はご本人同士での取引をお願いします~(*^ー゚)ノ

 くれぐれも定価交換で!お願いいたします<(_ _*)>


ただ今交渉中です~~(*´▽`*)

ご協力ありがとうございました<(_ _*)>

-----------------------------------------


そして!!プレミアム席について、いくつか質問のコメが入ってたのですが

すっごく詳細にレポってくれた方が現れましたので

転載させて頂きます!!(*´▽`*)


鍵コメ「さ***」たん!!ありがとう~~<(_ _*)>


***************************************


Pチケの情報が欲しいとのことだったので、名古屋コン1日目がP席だったので、
私がわかる範囲でレポしたいと思います。

当日、Pチケ&身分証明(私は運転免許証)を持参し会場に向かいました。
P席だから、グッズ販売は余裕で買えるかと思い込んでいた為、
グッズ販売開始時間(一般グッズ売場と同じ時間)を2時間過ぎた頃に
会場に到着←遅すぎf(^^; 一般売場は、少し列が出来てる程度なのに、
P席専用売場は長蛇の列(◎-◎;)なじぇ?

一般売場はテントが多いのに、P 専はなぜかテント1つ。
長蛇の列の原因は回転率の遅さでした(^_^;)
しかも、人数制限してるので余計に遅いんです。
私も並ぼうとしたら、まずここでP チケ確認!
係のお兄さんに、私のブサイクサジン付きのチケを提示し列に並びました。

結局、私が買う順番になった時は1時間半くらい過ぎてました(- -;)
やっと私の番だわって列に並んでたら私の5人前でボールペン売り切れの声が(>_<)
寒い中、せっかく並んでたのに…これって
P 席の意味ないんじゃな~いって思ってしまいました。

私のP 席の勝手なイメージですが、
売場は会場内で待たなくても買えて売り切れなんて有り得ないって思ってたので、
見事に期待を裏切られました(-_-;)

これからの会場のことは、どうなるかわからないですが、
確実にグッズ(ボールペン)を手に入れたいのであれば、
P席であっても早目に並ばれた方がいいと思います。
私がグッズを買い終わった頃(17時過ぎてました)
もうP 席は開場してたので(一般開場より30分早く入れます)
私も会場に入ろうとしたら、またここでもP チケ確認!
P チケは、すぐに提示出来るよう用意しておくとスムーズです。
チケ確認後、P 席専用の門をくぐり、いよいよ入場です。

確か、10人弱のお兄さん、お姉さん方がホテルのフロントのように
カウンター越しに横に並び受付をしてくれます。
ここで3度目のチケ提示&一緒に身分証明も提示です。
確認してもらい、ここでその場で印刷した席のチケの紙を渡され、
P 席のおみやげ(マジソンバッグ風←表現が古くてスミマセン)と
サジン付きチケを入れておく、
首からかけるようになっているパスケースも一緒に渡してもらいました。
ご丁寧にパスケースにチケが入ってました。

いよいよ、そのパスケースを首からかけて入場です。
パスケースの色は、イエローでした。
姉が3日目の27日にP 席だったんですが、パスケースの色はマゼンタでした。
ということは、2日目はシアン色だったんでしょうね。
おみやげの中にピンバッチが入ってるんですが、その色もパスケースの色とお揃い♪
しかも裏に会場名と日付も刻印されてました(^^)

以上、P 席入場までのレポでした(^^)
 



***************************************


。。。というワケですが、わたしもかなり参考になりました!


座席位置は当日初めてわかる!!

Pチケと身分証は何度も確認されるので、すぐに取り出せるように準備。

グッズも早めに並ぶことをお勧め。
(アンケートにリクすると改善されるかもですね。)

お土産はやっぱり楽しみ❤(*゜∀゜)=3ハァハァ←え




あと、着席指定についても質問が入ってたんですが、

以前聞いたところによると

「絶対に立っちゃいけない席」だということでしたが。。。

もっと何か制約とかあるんでしょうか?(?_?)


----------------------------------------


さぁさぁ。。。


ここからかなりな編隊モード突入です(。-∀-) ニヒ




えっと~~( ´艸`)ウフ。←アヤシイ。。。



こないだ、お菓子作りがプロ級に上手なMりんに←バレバレ


「ユノとちゃみのクッキー作ってぇぇえ~~(´Д`*)))ハァハァ」


って、関西を中心とした編隊メンバーでお願いしたんですが

Mりんはあまりクッキー焼かないんだ~(´ε`);なんて

つれない答えがかえってきて

それでも


「ぇえ~~待ってるからさぁ~作ってぇ~(´Д`*)))ハァハァ」



って食い下がる、わがままな編隊一同。(*^ー゚)ノ




そしたらね、ついに!!

Mりん作ってくれましたぁ~~ヾ(≧∇≦*)/




いくつかの画像の中からちょっとだけ❤



試作段階ではココア生地と普通の生地で作った

ハートのクッキーに2人の名前入りだったんですが。。。



そこはさすがにMりん!!!


こんなに素敵なクッキーが完成です!!(*゜∀゜)=3ハァハァ





TONEクッキー

120207_174419.jpg

よくこんなに綺麗な色が出せるなぁ。。。Σ(゚∀゚*)






ユノ、ちゃみのお顔と(髪の毛の色に注目!)

なんとっ!!「モモ」のクッキーまで!!!ヾ(≧∇≦*)/


120208_145953.jpg

映画の成功を祈りつつ、食べたいねぇ。。。( ´ー`)




そして。。。

流れはやっぱり。。。




やっぱり。。。

「そっち」
へと行ってしまう。(*゜∀゜)=3ハァハァ




昨秋、わたしが連呼した


「まつたけ」という言葉が


どうも関西チームの脳裏に焼き付いていたらしく。。。



「ユノとちゃみの

 まつたけクッキーも作ってぇぇえ(*゜∀゜)=3ハァハァ」




っていう。。。

なんとも編隊丸出しで無謀な要求を突き付け。。。




それについつい応えてしまう

根っからの編隊Mりんの悲しいサガ。。。(-_-m)アララ~




完成しました。(見たくない人は急いでスクロールッ!)

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

120207_174330.jpg



怒らないでね。




ここに来てるってことは


どうせ編隊でしょ?(*^ー゚)ノ





気持ち、ちゃみが小さめ❤( ´艸`)


ホミン派のわたしは




これでよぉぉおおしッ!!!ヾ(。`Д´。)ノ彡




って大満足ですよ~~~!!!!


_|\○_ヒャッ ε== \_○ノホーウ!!!






ではでは。。。


改めてU-kyouが

根っから腐りきってるアフォな編隊で

しかも「隊長」やってるっていう。。。


伊達に隊長じゃねぇ!!( `∀´)ヒッヒッヒ

根っからのド編隊!エロの権化!!( `∀´)ヒャーッヒャ

っていう事実がまたハッキリしたとこで!!( `∀´)イ~ッヒッヒ




ヴァンパイアの続きに行きたいと思います!!~ヽ(’ー`)ノ~




いいですか。。。この「クッキー」の

やり取りでもわかるように


ハッキリ言って、

わたしには「恥じらい」というものが

あるのかないのか。。。



おそらくまったく



ないッ。(*^ー゚)ノ
←キッパリ!



なので、まだまだ恥じらいを忘れていない、

乙女な方は


ここで回れ右。ポイッ (/・・)/ ⌒ ○┼<イヤ~ン




18歳に満たないいたいけなお子様や


ユノとちゃみの美しいビジュアルをお借りしての

エロいBL妄想がどーしても許せない!!

(#`皿´)キーーッ!って方



妄想小説はこうあるべき!っていう

持論を持っていて

他人の線引きが許容できない方




そんな方は

お帰り下さいませ<(_ _*)>



これだけ注意してるのに、勝手に入ってきて

読んだ後で「あーだこーだ」言われても

「入ってきたあなたが悪い」としか

答えようがないですよ!(*^ー゚)ノ トーゼン!



帰るしかなさそうな方は



実は今、U-kyouは

ひっじょーに頭が痛くて!Σ(゚∀゚*)エッ?


痛くて痛くて!!Σ(゚∀゚*)マジ?←マジ


こうしてPCに向かっていると痛いが

ちょっと動くと痛みが治まるという。。。



まさに寛平ちゃんの


「止まると死ぬんじゃーーー!ヾ(。`Д´。)ノ彡」


っていう状態なのだということを

充分にわかっていただき



気の毒に。。。

そこまでして(*゜∀゜)=3ハァハァしたいのか。。。

って


呆れ果てながら寝て下さい!!(*^ー゚)ノ


いい夢見れるよ!←ウソ



ではでは


頭痛に苦しむU-kyouが

果たしてどんなエロを繰り出してくるのか

見届けたる!!!ヾ(。`Д´。)ノ彡


っていう男前な編隊&入隊希望者は


「続きを読む」から


ムービングなう~~~!!(屮゜Д゜)屮 ホイッ!




もうここまでしか要りません。。。(-_-m)っていうまっとうな?方は
  ↓↓↓
ちっ。。。しようがねぇな。。。←コラコラ


   。
   。
   。


前回のお話はこちらから
  ↓ ↓ ↓

http://yuki3642.blog106.fc2.com/blog-entry-292.html





チャンミン。。。由緒あるヴァンパイア貴族の末裔。ジウォンの子。
人間に危害を加えることを極端に嫌っている。

コピー ~ o0600075811744116786






ユノ。。。人間とヴァンパイア(シノ)のハーフ。
チャンミンの父(ジウォン)に拾われ、仕えている。

o0600084811744107462.jpg








季節は冬だというのに

なぜだろう

青臭い雑草の香りを感じていた。


ないはずの記憶にうなされるような

不思議な感覚。。。


遠いところから

俺を呼ぶ声がする。


愛しい人の声が。



「。。。。ノ。。。ユノ!ユノ!!!」


目を開けると

影になった小さな顔にそこだけ光る
丸い瞳が
こちらを覗きこんでいる。


起き上がろうとするけれど

まだ身体が重くて
力がうまく入らない。


もう一度

名前を呼んで欲しくて。。。

目を瞑ってみる。


「ユノ。。。起きて。。。ユノ。。。」



今にも泣きだしそうな声に変わってきたから


意地悪は
これくらいにしておこうか。



「チャンミナ。。。大丈夫だよ。」


仰向けのままそう呟いて
ようやく動くようになった右手で

その頬を撫でてみる。


「ごめん。。。ごめんなさい。。。」


ああ。。。指先が濡れてる。

やっぱり

泣かせてしまった。




どうして泣く?

俺はこんなに幸せなのに。



俺の血が

お前の糧になる悦び。。。



俺だけが味わえる

俺だけの悦び。




誰にも譲らない。



月を背中にしたお前の影。

頬にあてた
俺の手を両手で握りしめ、
ぽろぽろと
涙を零している

その大きな瞳。


まだぼんやりとして

見えないはずなのに

きらきらと

光ってる。



なかなか伝わらないものだな。。。



言葉にすれば

安っぽくなってしまうから



黙ってただ引き寄せる。



スローモーションのように

ゆっくりと

俺の唇に重なる

お前の影。


その感触を充分に味わいながら



ああ。。。

あの月。。。

どこかで見たことがあるような気がする。


いつだろう。

いつだったろう。。。


少しだけ

欠けていたような気がする。



そう

下弦の月。



こうして

愛しい人と

見たことがあるような。。。


そんな
一瞬の夢を見ていた。



「ユノ。。。」


俺の上に
チャンミナの細い身体が覆いかぶさる。


軽くて

今にも消えそう。。。

ああ

消えてしまいそうだ。


冷え切ったその身体を思い切り抱きしめる。

両手で頬を包んで
もう一度強く口づける。


俺の舌の動きに
ついてこれるようになったんだな。。。


二人の唇から洩れる
湿った音が
身体の隙間に充満している。

貪るように
互いを求め、高揚していく。


お前が

唇を離す。

影の中でそこだけ光る金色の瞳。。。


今まで見せたことのない顔で


「欲しい。。。」


そう囁いた。


「俺も。」


短くそう答える。


「仮装」のためのマントの紐を解き
白いシャツのボタンを

お前の細い指先が
ゆっくりと
外していく。

露わになった俺の上半身に
お前は頬をすり寄せる。


「動いてる。」


心臓の音。。。

いつもそうやって確かめる。

俺が生きていることを確かめたがる。


俺は少しだけ笑って


「大丈夫。ほら、ちゃんと生きてる。」

って。。。

抱きしめる。



そうやって伝えるしかないから。



言葉の空しさを改めて感じながら。。。



お前の唇と舌が
待ちきれないと言うように

俺の身体を這い回る。

荒い息遣いに
お前が既に「食欲」を満たしていて

次に何を求めているのかが分かる。

完全に「変化」していることも。


吸血歯が肌を傷つけ
うっすらと滲み浮かぶ俺の血。

零れ落ちる前に
お前の舌がそれを追う。


ベルトを外す乾いた音が
吐息に混ざって

それがまた

俺を高ぶらせていく。


我を忘れたかのように

俺を
俺自身を求めているお前。。。

目を瞑ったまま
受け入れる。


俺の足の間に顔を埋(うず)めている
お前の髪を両手で掴み

「ああ。。。チャンミナ。。。もっと。。。もっとだよ。。。」


もっともっと

俺を求めて欲しい。


もっともっと

お前を満たしたい。


唯一求めるもの。


俺が欲しいと思うもの。



チャンミナ。


チャンミナ。



お前だけ。



いつもは冷たい
冷え切ったお前の肌。

こうやって「変化」して
俺を執拗に求めるときだけ

俺と同じように

時には俺よりも


熱くて。。。


この肌をずっと


ずっと


抱きしめていたい。


この命が


尽きるときが来ても


そう


思いながら。。。


「んっ。。。あぁ。。。もう。。。チャンミナ。。。」


俺の合図を聞くと

お前はそこから唇を離す。


上目遣いに顔を見て
片口を上げてほんの少し微笑む。

月明かりを背にしてるはずなのに

妖しく蠢(うごめ)く

真っ赤な舌が

色鮮やかに

俺を誘う。


いつの間にか

全てを脱ぎ捨てていたお前の
その白い肌が
俺の身体にぴったりと重なり


「ハァッ。。。はぁ。はぁ。。。ユノ。。。頂戴。。。僕に。。。頂戴。。。」


前髪を振り乱して
更に激しく求めてくる。


「いいよ。自分でしてみせて。」


いつもなら
恥ずかしがって目を伏せるだろうけど

今は違う。

俺の唇を貪りながら
それを自分へと導いて

少しずつ

少しずつ


「んぁッ。。。ハァんっ。。。ああ。。。いい。。。」


大きくのけ反りながら

俺の全てを呑み込んだ。


両手の指を固く絡め合ったまま

お前は俺の上で

まるで踊るように


激しく乱れ狂う。


「はぁあッ!!うんッ。。。んんッ!ああッ!ユノぉ。。。!」


濡れながら
揺れている
今にも弾けそうな
お前のそれを

片手で握り、扱いてやると

「うああああッ!!ああッ!やぁぁ。。。」

より高音で啼き始めた。


「チャンミナ。。。欲しい?俺がもっと。。。欲しいのか?」


「うん。。。あぁッ!。。。欲しいよぉ!もっと。。。もっとぉ!」


その細い腰を両手で掴み、
奥まで
激しく突き上げる。

お前は大きく口を開けて
長く伸びた吸血歯を光らせながら

月を仰ぐように

また踊ってみせる。


冷たく乾いた風が吹き抜ける
この夜に

俺とチャンミナの肌から立ち昇る
蒸気

激しく漏れる
熱い吐息

この世界のここだけ。。。


誰にも認めてもらえなくてもいい


ここだけでいい。


二人だけでいい。


ずっとこのままでいられたら。。。


何度絶頂を迎えても
収まらない
お前の身体を組み敷いて

今度は俺が全身を愛撫する。



汚れきっている俺と



俺しか知らない

美しいお前



お前を汚していいのは

俺だけ。



罪悪感なんてとうに捨てた。



この美しさを前にすると
そんなもの
捨てざるを得ないから。



チャンミナの片膝を抱え上げて
より深く侵入する。


お前の与える
収縮が
俺にも「変化」をもたらして

咬み付くような口づけに
互いの唇が切れてしまう。


零れ落ちる
血の流れが


首筋に

胸に達して


まるで悪魔の饗宴のように見えただろう。


お前が欲しがるなら

与えてやる。


俺が

満たしてやる。


だから

生きていて。



笑っていて。



俺が望むものは

それだけ。



それだけなんだよ。。。





月が大きく傾いて


長く続いた
お前の欲望がようやく収まりかける。


二人とも一糸纏わぬ姿で
冷たい枯草の上

一緒に
その光を受け止めていた。


お前はただ黙って
俺の胸に頬を寄せている。

瞬きするお前の睫毛が
時折
肌をくすぐって

その感触が愛おしさを募らせる。


「チャンミナ。。。」


先に口を開くのは俺。

「ん?」

亜麻色の瞳が
俺を見上げる。


「怖いよ。。。」


自分でも思いがけない言葉。


「えっ?何が?」

驚いたお前の瞳が
一層大きくなる。


「お前が。。。愛おしくて。。。

 どうしたらいいのか。。。わからなくなる。。。」


「ユノ。。。」


信じて欲しい。

俺だけを見ていて欲しい。

でも。。。

どうしても

話せないことがある。。。



今はまだ

話せないことが。。。



「もっと。。。抱きしめて。」


そう、求めてくれ。俺を。

求めてくれれば
いくらでも与えるから。



誰かの命を奪っても

この命を尽くしても



俺はお前に与え続ける。



もしかしたら

人間の言う

「愛」

それとは違うのかもしれない。



違うのかもしれない。




ただ。。。これだけは。。。わかっていて欲しい。


俺が

本当に「見つめる」のは

お前だけ。



その頬を撫で、
親指で軽く顎を上げさせて。。。

ふっくらとした紅い唇を
そっと啄(ついば)む。


「愛してる」


この耳に響くお前の小さな声。



ああ。。。


充分だ。


これで充分だ。




どんなに罪を重ねても

どんなに汚れても



その言葉だけで




俺は




俺は

コピー ~ o0800053311675439764




<終わり>


<画像の出処は画像内です>
<最後のユノ画像は「U-know Time」様より>


※少しずつ訂正、加筆します。
 たまに読み返して下さると嬉しいです(^-^)※



ガンガンの頭痛の中、書いてみましたが。。。
いつもながら行き当たりばったりで申し訳ないッス。。。(T-T)
確か、みかりんが「思いつきで書いてるの?」ってコメくれてたけど
何を隠そう、その通りです<(_ _*)>

はてさて。。。どうなるのやら。。。(;^_^A
一番わかってないのはわたしだと思う件。。。('A`)ヴォエア←バカ

本編もがんばりますね~~(*^ー゚)ノ
その前に病院行ってこよう。。。(T-T) 編隊は治らないけど、風邪は治るだろう。

もしよかったら
 ↓↓↓
ぽちっとな❤
関連記事
スポンサーサイト



2012/02/09 Thu. 13:18 | trackback: -- | comment: -- | edit