FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

東方神起が大好きです^^

ユノに溺れてどうしようもない毎日です。。。

FanVidに思わず涙。世界中が待ってた東方神起。そして1枚の写真からとことん妄想!<完結編> 

皆既月食を必死に見すぎて、首が痛いU-kyouでっす(^ー゚)ノ


東京なのに
びっくりするくらい空気が澄んで、星も綺麗で。。。


台湾でユノとちゃみも眺めていたかな~(*´艸`*)ウフフ。

台湾でも「皆既」だったのかなぁ。。。



皆既月食2011.12.10-2


「うわぁ~!真っ赤な月。。。神秘的だね、ユノヒョン。。。」

「そうだな~何だか。。。宇宙を感じるな。。。」

「今、こうやって2人で眺めてることが。。。奇跡だと思う。。。」

「そう?そうかな?」

「そうですよ。別々の場所で生まれて育った僕らが
 同じ事務所のオーディション受けて、練習生になって。。。
 同じグループのメンバーとリーダーで。。。
 こうして台湾で同じ月を見てる。」

「そうかもな。。。こうやって。。。抱き合ってさ。。。」

「ヒョン。。。好き。。。」

「俺も。。。好きだよ、チャンミナ。。。
 こうしてお前と一緒にいられて。。。」

「そして明日も。。。たくさんのファンと会えますね。」

「そうだな。幸せだ。忙しいけど、すっごく幸せだ!」

「もう、寝ましょうか。」

「やだ」

「やだ、は、なし!」

「じゃ、キスだけ。。。」

「いいよ。。。キスだけならね。。。」

「キス。。。だけね❤」

「ほんとにキスだけ?」

「さぁ。。。?お前次第じゃない?」


コピー ~ コピー ~ o0800108611434310787



なんてね~~~ヾ(≧∇≦*)/


こんなだったらもぉ~最高~~\(*T▽T*)/


皆既月食最高~~~~!!!。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。




はい、エロでバカで編隊です<(_ _*)> スンマセン


--------------------------------------


ゴスペラーズの黒沢さんが、

ユノとちゃみのことを書いて下さってます!!(*´▽`*)



ソースはこちら
 ↓ ↓

黒沢薫のWebぺた


FNS歌謡祭2011黒沢コメ


やっぱり2人の成長は

誰が見ても聴いても明らかですもんね(*´▽`*)


もともと持ってたものが

意識的に引き出されただけ
だとわたしは思ってますが
(声楽のプロ!かいちゃんも同じこと言ってます!)



特にちゃみの成長と努力を早い段階で感じて

心から認めてツイってくれた

W-nids.の慶太くんもFNSに出てましたよね。

楽屋とか放送後に何かお話しでもできてたらいいなぁ~(*^-^*)



ああ。。。東方神起が戻ってきたって感じがするぅ~ヾ(≧∇≦*)/

嬉しいな~~❤


------------------------------------


盛りだくさんで書ききれないくらいですが

もういっこ来たね!!!!(´Д`*)))ハァハァ


祝!!!Mステスーパーライブ2011出演決定!!

Mステスーパーライブ2011

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

キタタタタ━━━(((((゚(゚(゚(((゚∀゚)))゚)゚)゚)))))━━━!!!!!!


Mステライブの観覧きたよ~~~~~・゚・(ノД`;)・゚・


ハガキでの申し込み、ノーチェックで、めっちゃめちゃ落ち込んでましたが

まだ希望はある。。。良かった。。。_| ̄|○ウウウ。。。



またものすごい競争率なんでしょうね。。。(´ε`)

でも、応募しなきゃ当たらないからね!!

がんばりましょう~~ヾ(≧∇≦*)/


--------------------------------------


そして。。。らみたん、ナイスな情報ありがとう<(_ _*)>


シンガポールファンミで公開されたFanMadeVidです!!!


Who am I ?

Just because I am Cassiopeia.



感動しました。。。(ノ_-。)。。。


*ちょっと画面が揺れます*

リンクはこちら→[FANCAM] TVXQ! Asia Fan Party Singapore Fanvid 1

みんなずっとずっと待ってたんだね。。。



2人を想う気持ちは世界共通。


2人の魅力が

決意が

覚悟が


伝わって拡がって行くのを感じます。






こちらは上海ファンミでのユノFanMadeVidです!!!


リンクはこちら→111209YUNHO FANMADE VCR IN Sanghai




愛おしいよ、ユノ。。。


o0600082511662497736.jpg


上海ファンミVid1







愛おしくてたまらない。

o0800055411662404705.jpg


上海ファンミVid2







溢れても溢れても

o0800120011662497737.jpg


上海ファンミVid3






またすぐに一杯になって


溢れ出す。

o0800055411662404702.jpg


上海ファンミVid4





知ってるよ。


ユノが変わらずユノであったこと。




分かってる。


ユノがずっとそこにいてくれること。




これからもずっと


U-knowであり


YUNHOであり


TVXQで


東方神起。




ユノも知ってるよね?

世界中のペンが待っていたこと。




あなたを愛してること。




U know I know

コピー (2) ~ タイ イベントゆの1






愛してるよ。


コピー ~ o0800120110702086381

こんなに

こんなに

愛してる。







こんな素敵な動画をつくってくれた

シンガポールと上海のペンに心から感謝します<(_ _*)>



<画像の出処は画像内です>



上海到着時の空港ユノです。


リンクはこちら→111208 U-Know at Shanghai Airport



なんだか、上海でものすごい出待ちが殺到して混乱した!とか

宿泊するホテルのフロアまでツイでバラされて。。。とか

いろんな情報が飛び交って、わたしのとこにも「酷い!どうしよう!」って

心配のコメが来たんですけど

いろいろ調べてもそういうニュースやソースが挙がってきませんでした。

で、この動画を見る限り、大混乱って感じではなかったみたいです。

あらかじめいろいろ方策をとってたので、功を奏したみたいですね!

良かった良かった❤



そして

上海でも萌え発言炸裂だったみたいですねぇ~~(´Д`*)))ハァハァ


愛しのジャーマネOたんが

質問に答えた2人の萌え発言を

翻訳して送ってくれたので、一部抜粋!!


Yunho said he feels empty whenever Changmin isn't around.

チャミがいないとからっぽになった感じ
 
とユノが言ったそうです




ああ。。。もう、充分です。。。(´Д`*)))ハァハァ

ごっそさまです。。。<(_ _*)> ゲフッ。。。


全文掲載すると、とてつもなく長くなるので

また次の記事でご紹介したいです!!(^ー゚)ノ

ちなみに。。。



ユノは最近ちょっと太ったことを気にして

「もうこれ以上は太れない」みたいなことを

言ったらしいです(*´艸`*)フフッ


かっわいぃい~~!!!ヾ(≧∇≦*)/


----------------------------------------


さぁさぁ!!さてさて!!




ここから先は


アブナイ大人の世界です!!(*´▽`*)



実は。。。あのパパラッチっぽいサジンの妄想舞台は

FNS歌謡祭のアフターパーティがあったとして。。。



NEC_0198.jpg
かわいい。。。ああ。。。ぐあわゆぃよぉ。。。ちゃみぃ~~(´Д`*)))ハァハァ

そんなに見つめちゃ穴が空いちゃうよ。。。(´Д`*)))ハァハァ






NEC_0197.jpg
ああ。。。綺麗だよ。。。ユノ。。。(´Д`*)))ハァハァ

その鼻筋と顎のライン、間違いなく世界一だよ。。。(´Д`*)))ハァハァ


<以上の2枚はケイタイに頂いた画像です~(´Д`*)))ハァハァ>





っていう前提だったんですね。。。(*゚ー゚)>デヘ


そう思って読んで下さるとより一層イメージが湧くかも❤




ではでは。。。

どこからくるのかその自信は?ってくらい
上から目線でチクリチクリと陰湿に何を言われようが


自分のエロ線は自分で引くのさ!!(╬⓪⓪)カッ!!



と、心に決めている自分は


腐り歴がほぼ生きてきた年と変わらないくらい


根っから腐りきってる


性根の座った編隊ですから。



そんな編隊の書く

妄想に付き合える

性根の座った、または座れそうな編隊さん、

集まれ~~~ヾ(≧∇≦*)/



18歳を超えてない方

萌えとか妄想とかが苦手な方、嫌いな方




そんな方は




レタスが一番シャキッ!とする水温は

4℃なんだって!!Σ(゚∀゚*) ヘェ~!


ってことをお友だちと話して、

ぜひ、確かめて下さい。

こんなとこ覗くのやめて、

美味しいシーザーサラダを食べて、

編隊のことなんか忘れて、

健全な日々をお過ごし下さいねっ(^ー゚)ノ

 ↑↑↑
一応、レタス色



健全でなくてもいい!

とにかくイケナイ妄想に溺れたい!!(´Д`*)))ハァハァ



ってヤロウどもは

続きからッ!!(屮゜Д゜)屮 カモナベイベー!
 



せっかくFNSに感動していい気分だったのに。。。

このままでいたいんです。。。(´ー`)って方は
 ↓↓↓
ちっ。。。←オイオイ


ユノ「はいってきてからぶちゅぶちゅゆってもだめだとおもうよ❤」
ちゃみ「お入りになってからの苦情は一切受け付けません。」←通訳ありがと!
コピー ~ o0800080511637415658



では、どうぞっ!!(^ー゚)ノ



   。
   。
   。

前編はこちらです
  ↓↓↓
1枚の写真からとことん編隊妄想!!(*´▽`*)<その1>

   。
   。
   。


足下に転がったグラスが

車の揺れに合わせて
所在なく動き回る。


時折
俺を呼び止めるように
靴の先に当たるけど

そんなのどうでも良かった。


「ハァ。。。ハァ。。。」


チャンミンの唇から漏れ落ちる
湿った吐息に
俺のそれが重なって

熱が増幅されていく。。。

2人の間に挟まっていた
可倒式のテーブルを元に戻し

広いシートの真ん中で
互いの髪を掴んで
激しく唇を求め合う。


しっとりと柔らかい

その感触。。。

仄かに香るブランデーが

俺を酔わせ

狂わせる。


「チャンミナ。。。ああ。。。」


真っ黒い革張りのシートに押しつけた

お前の白い頬が

しなやかな喉が

淫靡なコントラストをつくり出し。。。


その頬に

顎に

首筋に

何度も何度も

キスを繰り返しながら


体温よりも少しだけ熱いお湯を

ゆるゆると

掛け合うように

溺れていく。。。


チャンミンのネクタイを緩めようと
手を掛けた

その時

窓の外に黒い影が見えた。
フルフェイスのヘルメット?

そう思ったとたん


「あっ!!ヒョン!!離れて!!」

「えっ?」


大きなレンズが
窓硝子に押しつけられて

銀色の尖った光を放ってきた。


「パシャッ!!パシャパシャッ!!」


winterrosebooklet2.jpg


眩しくて

左手でその光を遮る。


一瞬

何が起きたのかわからなくて

ただ呆然としている俺の横で

チャンミンが冷静に口を開いた。


「信号待ちだったから。。。」


「え?」


状況を把握しようとしても

焦るばかりで

俺にはとにかく「写真を撮られた」ってことしか。。。


「大丈夫ですよ、ユノヒョン。」

「だい。。。え?大丈夫?」

「うん。」


さっきまで
俺に攻め込まれて
熱い吐息の海に
溺れていたはずのチャンミンが

涼しげな顔で答えるから

混乱は少し収まってきたものの。。。


その落ち着きがどこからくるのか
まだ確信が持てなくて


「なんで?何で大丈夫なんだよ。。。マズいだろ。。。」

「いや、僕、演技うまくなったって
 ヒョンに褒められたばかりでしょ?」

「ああ。。。そうだけど。。。」

「大丈夫。とっさに顔つくったから。。。
 ハハッ。。。あんなの何ともないよ。」

「そ、そう?」

「信号待ちの瞬間を狙ってたんだな。。。」

「あ、車、止まってたのか。。。」


今更ながら気付いた俺に
投げかけられた
甘く響く妖艶な声。


「そんなに。。。?」

「え?」


チャンミンは

その大きな瞳を

俺に向ける。


誘うように

ゆっくりと

瞬きしながら。。。


「車が止まったのも分からないくらい

 僕とのキスが。。。良かった?」


自信に満ちたその微笑みが


掻き立てる。


俺の中の欲情を掻き立てる。



俺は黙って

チャンミンの細い顎を掴んで

貪るように

噛みつくように

もう一度

唇を奪う。


「んぁッ。。。はぁっ。。。痛いよ。。。ヒョン!!」


聞こえてるはずなのに

聞こえない。


奪いたい。

お前の全てを

奪い尽くしたい。


「はぁッ。。。ヒョン。。。戻ってきたら。。。どうするんだよ?」

「もういい。。。パパラッチなんて。。。どうでも」



もう何も考えられない。



チャンミンのネクタイと
シャツのボタンを引きちぎるように外す。

開いた胸元に手を滑り込ませて

その肌の感触を

手のひらで

指先で味わう。


「ああッ。。。」


小さな蕾を親指で弄ると

チャンミンは身体を震わせて

俺にしがみついてきた。


「感じる?」


分かっていても訊きたくなる。


「うん。。。」


恥ずかしそうに頷くお前。



その顔が

声が

たまらなくて

今度は舌で攻めてみる。


「あッ。。。やだ。。。」

「好きなくせに。」


もう容赦しない。

お前の「いやだ」は「感じる」ってことだから。


分かってる。

全部知ってる。

でも。。。もっと知りたい。


深く

深く

お前に入り込んで

狂いたい。。。


「今日は、僕がしてあげる。。。」


チャンミンの口から意外な言葉が出てきた。

「何を?」

きょとんとしてる俺に構わず
チャンミンはズボンのファスナーを開けてくる。

既に興奮して
大きく膨張してるものを取り出して

見せつけるように
舌を這わせる。。。

「うあッ。。。ぁあ。。。」


思わず仰け反る俺を見て
満足そうに訊いてくる

「感じる?」

「。。。うん。。。」

さっきと形勢逆転。

お前の指と舌に
完全に翻弄されてしまってるよ。。。


2人きりの
静まり返った
車内に濡れた音が響く。

俺は仰け反ったまま
チャンミンの頭を両手で掴んで
ただ、快感に身を任せていた。


「んッ。。。ああ。。。ちょっと。。。ああッ。。チャンミ。。。」


頂点に達しようかというとき、


「僕も。。。もう我慢できない。。。」


チャンミンが下だけ脱いで
膝に乗ってきた。


「えっ?大丈夫?いいの?」

「うん。。。いい。。。」


俺のズボンを膝まで降ろし
唾液に濡れた俺のものを

ゆっくりと。。。当てて

迎え入れる。

目の前で揺れる
細い腰を支えながら
その姿を見てるだけで

「やべっ。。。」

「はぁ。。。ああッ。。。え?なに?」

「いや。。。お前、ほんとヤバいよ。。。」


窮屈な入口を押し拡げて

腰を動かすチャンミンに合わせて

少しずつ侵入していく。


全てが収まったとき


「ああ。。。ヒョンで。。。いっぱい。。。」


髪を振って
俺の首に手を回し

満足そうに微笑んだ。


「もっと。。。ヒョンが欲しい。。。」


緩やかに俺を締め付けながら

細い指が
蝶ネクタイを解き、
ボタンをゆっくりと外す。

いつもと違うチャンミンに
少し戸惑ってる俺を楽しむように


顎を引いて

あの上目遣い。


俺はまた
頬を両手で引き寄せ
唇を激しく貪る。

「ハァ。。。ハァ。。。僕が。。。するってば。。。」

そう言って唇を離すと
チャンミンがゆっくりと動き始めた。


「ああっ!。。。くぅッ。。。」


いつもより興奮してるせいなのか?

その動きは決して激しくはないのに

どんどん追いつめられていく。

今にも。。。果ててしまいそうだ。。。


俺の表情を確かめながら


その手がシャツの中に入ってきて

胸の突起を弄る。


「ああ。。。んあッ。。。」

「柔らかい。。。ヒョンの胸。。。ヤラしいね。。。」

「それを言うなよ。。。」

「褒めてるのに。。。」

クスッと笑って

同時に腰の動きを早めてくる。

もっと深く。。。

チャンミンの奥まで
浸食したくて

下からグッと突き上げると


「うああッ!!」


さっきまでの余裕が消えて

高音で啼き始める。


「いやぁッ!そんなの。。。無理だよぉ。。。
 うあっ。。。ハァッ、ハァッ。。。やめて。。。ヒョン。。。」

ああ。。。たまらない。。。


たまんないよ。。。


ずっと

ずっと


一緒だよ。。。


右手でチャンミンの腰をしっかり固定したまま

強く

激しく

突き上げる。


「うあぁッ!はぁッ!ああッ!!ヤ。。。やだぁ。。。!」


左手でチャンミンを扱きながら
首筋に光る汗を舐め上げた。

熱い。。。熱いよ。。。チャンミナ

もっと啼けよ。。。



煌めく街灯りが

硝子を通して仄かに入り込んできて

チャンミンの汗が

まるで

小さな真珠のようだ。


「綺麗。。。綺麗だよ。。。チャンミナ。。。」

「ハァッ、ハァハァ。。。もう。。。もうダメっ!。。。うあああ!」


狭い空間に充満した

湿った空気を裂くように

2人で同時に達した。





「早く着ないと。。。また戻ってくるかも。」

急いでボタンを留めるお前の指を

そっと握ってみる。


「ヒョン。。。」

「もっと。。。ゆっくりと。。。
 ゆっくりでいいよ。。。」

「えっ?」

「お前が好きだ。」

「うん。。。知ってる。」

「愛してる。」

「それも知ってる。」



ふふッと笑って

俺の胸に顔を埋める


その栗色の髪に口づけた。




このまま。。。どこまでも走って


あの空の向こう

煌めく星の中まで。。。


こうして抱き合っていられたら。。。




でも

そうはいかないか。。。




明日が待ってる。


待ってる人がいる。





だから

今はこのまま。。。




どうか
このひと時だけを

許して欲しい。




車は走る。


2人を乗せて。




もう一度

乾杯だね。。。




ただ抱き合って

温もりを確かめ合える




この夜に。

コピー (2) ~ o0800053411434310784




<終わり>


ちょびっとだけ訂正しました。
サジンもちょびっとだけ(;^_^A

もうちょっと書き込みたいと思ったけど、
これはこれでいいよ!さぁ!次を書け!ヾ(。`Д´。)ノ彡って言われちゃったので。。。
次に集中するか。
  ↓↓↓
ぽちっとな❤

表参道と六本木でイルミネーション見て、新大久保で肉食べてきました(*´▽`*)
㌧の2人にも。。。車の中からでいいから見て欲しいな❤

飲み会、やる?
関連記事
スポンサーサイト



2011/12/11 Sun. 23:24 | trackback: -- | comment: -- | edit