FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

東方神起が大好きです^^

ユノに溺れてどうしようもない毎日です。。。

空耳でお腹いっぱいの後は、ホミンで萌えよう!ヴァンパイアホミン妄想小説「美しき血族。。。ⅩⅤ」 

ひゃぁ~~!Σ(゚∀゚*)



面白い空耳動画発見!!お借りしてきました!(^ー゚)ノ



面白いばっかじゃなくて、

ホミンの萌え~(´Д`*)))ハァハァな感じもありますよぉ❤

結構わたしの好きな画像、動画いっぱいです!


Why?(うぇ?)空耳アワー


リンクはこちら→Why?空耳アワー


元気出た?腹筋使った?(*´▽`*)




こちらの動画のようつべページに


鍵バレッタの人がかわいい!って


男性らしき方からコメントが入ってましたが、

ちゃみの合成画像だって知らなかったようです。(´Д`*)))ハァハァ

顔はそのままちゃみだから、


男子から見ても

ちゃみどんだけかわいいんだッ!
(*ノωノ)


つー話ですよ。。。(´Д`*)))ハァハァ




そんな美し可愛いちゃみと毎日一緒にいるユノ。。。そりゃたまらんやろ

今、離れてて。。。寂しいだろうなぁ。。。(T_T)

つーことで!!←は?





そんなユノを励ますべく!!←は?




ヴァンパイアホミン妄想小説


ユノとちゃみの出逢い編後編です。


いったいこれが何の励ましになるのやら。。。っていう

素朴な疑問はおいといて、

まずは

以下の注意をよぉ~~~くお読みになって下さい<(_ _*)>




最近は天気もいいし(とりあえず今日辺りは)、

気分もいいから

たまには腐ったものを読んでみようか。。。(´ー`)

今なら

大丈夫じゃなかろうか。。。?(´ー`)なんて




軽い気持ちで読もうとしてるそこのあなた!!

そうあなた!!(。◣‿◢。)



ダメ。ぜったい。←ドコカデキイタコトアル



その良い気分が台無しになること間違いなし!!



ちゃんと昼間にお外に出て、お散歩して

「ああ。。。爽やかな季節だなぁ~(´ー`)」って

5月の空気を楽しんできて下さい<(_ _*)>

あ、もしも犬の散歩なら

ふんの後始末、がんばって!(>_<);

うちの次女の小学校の塀にね

犬のふんそのままにしていく不届きな飼い主がいるんですよ!(╬ಠಠ)ゴルァ!!



犬のふん 始末してこそ 愛犬家



あ。。。ついつい。。。熱くなっちゃった。。。(^。^;)7 スミマセン。。。




散歩から帰っても

まだ読もうかどうしようか悩んでしまったら



英語圏の名前でよくある「ジャック」って

日本で言うところの「太郎」と同じ感覚らしい!Σ(゚∀゚*)




だったら。。。

今をときめくジョニデ演じる

「パイレーツ オブ カリビアン」の「ジャック・スパロウ」って

日本だと


「雀 太郎」なんだ!!!!!Σ(´Д`;) 



っていう事実をどう受け止めるか。。。

そういうことで悩んだ方がいいと思います(-_-m)




ちなみにジョニデ大好きなうちの次女は大笑いしました。



ではでは、

ジョニデもかっちょいいけど、

ヴァンパイアホミンがもっと好きよ❤とまではいかなくても、

うんうん、腐ってる!わたし充分に腐ってる!ヾ(≧∇≦*)/

ってめっちゃめちゃ自覚のある

編隊隊員(と入隊希望)の皆様だけ!!お進み下さい<(_ _*)>


では、続きからどうじょ!(^ー゚)ノ
   。
   。
   。


前回までのものは
カテゴリの「ホミン妄想」から入ってお読み下さい(´∀`)ノ





チャンミン。。。由緒あるヴァンパイア貴族の末裔。
人間に危害を加えることを極端に嫌います。
コピー ~ コピー ~ VOGUE ホミン1




ユノ。。。人間とヴァンパイアのハーフ。
チャンミンの父に拾われ、仕えています。
とある秘密を抱えています。
コピー (2) ~ ゲリラデート ユノ11








「チャンミン様。。。」



周りを窺いながら

ノックもなしに扉が開く。



いつもなら

固く結んだ両手を
無理矢理こじ開けられるような

そんな気がして

より一層握りしめ、
身を守りたくなる。


けれど今は


ユノのあのハスキーな声が

そんな僕の気持ちを
少しだけ和らげてくれる。。。



12歳の子どもには不似合いな

真っ黒い皮のつなぎを着て
部屋の真ん中に突っ立っていた僕の後ろに

同じように黒い皮の
ライダースジャケットと細いパンツに身を包んだユノが
鏡越しに現れる。


僕は思わず


その姿に息を呑む。。。



あるべきところにしっかりと
ついた柔軟な筋肉が


もっと強調されたような


ゆったりとした
衣服越しにさえ見て取れた
その身体のラインが


芸術的な形を

僕に見せつける。。。



書斎で見た隙のないユノとも

さっきまで
僕に微笑みかけていたユノとも違う。。。



研ぎ澄まされた

鋭利な刃物のような。。。

それでいて

しなやかな生き物。。。



光と闇が混在する

人間でも
ヴァンパイアでもない



化け物。。。




美しすぎて。。。怖くなる。




僕は。。。

純血種で貴族で

あの父上の息子なのに

どうしてこんなに圧倒される。。。?



それはまた

僕の中に

嫉妬のようなものを生じさせていた。



ユノのその長い手足と

身体中から発せられる
「何か」から逃げるように


僕は目を逸らす。



「さぁ、行きましょう。」


ユノの笑顔にまた少しだけ

空気が緩む。



僕は頷き、後をついて行く。



他の使用人に気付かれないように
気配を消しながら
玄関へと向かった。



両開きの大きな扉の前に立つとユノは
抱えていたヘルメットのひとつを
僕に被せる。



ああ。。。そういえば



小さい頃

こうやって

父上に帽子を被せてもらっていた。



父上は

昼間出歩くことは不可能だからと

時折、夜の街に連れ出してくれることがあった。

寒さに弱い僕に

柔らかいニットの帽子を

そっと

被せてくれたっけ。。。



そんな時もあったんだ。。。





ユノは下から覗き込むように

僕の顎の下で
ヘルメットを丁寧に固定する。


目が合わないことを確認して

改めて

間近にユノを見る。。。



やっぱり長い。

指も睫毛も。。。



赤く濡れた唇が

直線的な鼻筋の下から

誘うように

ちらちらと見え隠れする。。。



どうして?



どうして

そんなに



綺麗なの。。。?



また。。。

心拍数が上がってくる。



いい加減にしろ!
ユノは男じゃないか。。。!



僕の中の小さな闘いなど知りもせず

ユノは準備を整え、
涼しい笑みを僕に向ける。


目で合図しながら

そっと屋敷を抜け出す。。。



外の世界には
まだ
光が残ってた。


明るい。。。。。


人工的でない明るさは

初めての体験だ。



本当に紫外線を防ぎきれるのか?

少し不安な僕に気付いたのか

ユノは落ち着いた声で言う。



「チャンミン様、大丈夫ですよ。

 このつなぎもヘルメットも、
 完全に紫外線を遮断します。安心して下さい。」


ヘルメットのシールドに貼られた
濃い紫色のフィルム越しに

ユノの言葉を確認する。


僕の耳に鮮明に
その声が響く。

不思議に思っていると
ユノが続ける。


「このヘルメットには
 ヘッドフォンとマイクが内蔵されています。

 だからバイクに乗っていても
 会話できるんです。」


その時気付いた。


ユノはまだヘルメットを被っていない。。。


「ユノ!危ない!早くヘルメットを。。。!!」


慌てる僕にユノは軽く手を挙げて言う。


「わたしは

 デイ・ウォーカーですから。」


「デイ・ウォーカー。。。?」



耳慣れない言葉を僕は聞き返す。


「わたしは光の中でも大丈夫です。

 半分、人間ですから。。。」


そうだった。

人間とヴァンパイアのハーフ。。。

そういうことなのか。。。



だから父上は

ユノを奴隷にしなかった。。。



いや

できなかった。。。



父上とユノの間に流れていた

あの空気。。。

ただの主従関係ではないから?



思えばあの時

なぜか

幼かった僕にそぐわない

複雑な思考が

波のように襲ってきて。。。

心がざわついてしようがなかったのは



その後の状況を

予感していたから。。。かもしれない。。。




庭先を抜けて

2人で歩く。


敷地の境目まで行くと

隙間無く植え込まれた

濃い緑の茂みの中に

ユノが分け入っていく。。。



再び姿を見せた時、

見たこともない大きなバイクが

僕の目の前に現れた。



009_01.jpg



前面をボルドーのカウルで覆われたその車体は

帳(とばり)を降ろす準備に入った

薄赤い空を反射して

艶やかに輝き。。。


それを引き連れてきた

ユノに合わせて

造られたもののように見えた。


「お、大きなバイクだね。。。」


その存在感に

また圧倒されて。。。

そう言うのがやっとだった。



ユノは少し嬉しそうに

「はい。ホンダのCB1300という

 日本製のバイクです。」

と言いながら
黒いシートをポンポンと叩く。


ゆっくりとバイクを押す
ユノの後ろをまた歩いて

敷地の外へと出る。


2人で冒険しているようで
胸が高鳴る。。。


初めて味わう高ぶりだった。



見つからないよう
用心深く慎重に。。。

門からかなり離れたところで

ユノの背中が立ち止まる。


皮の手袋を嵌めて
エンジンをかける。


大きな獣が息を吹き返すような

低い爆音が轟き

やがて安定した呼吸のように

その音程を持続する。


ユノは

その高い位置にある後部シートに

いとも簡単に

僕を抱きかかえて乗せた。


僕だって
決して小さい方ではないのに。。。


なんだかまた

嫉妬に似た感情が湧いてくる。。。



長い足を折り曲げながら

シートに跨ったユノは


天を仰ぐように

顎を少し上に向け

頭を振り

額にかかった髪を捌いて

ヘルメットを被る。


それだけで

何かが匂い立つような。。。

その仕草を

背中越しにじっと見る。。。



右手でアクセルをふかすと

もう一度獣が吠えるように

爆音が空気を切り裂く。。。


「さぁ、行きますよ!
 
 しっかり捕まって下さい!」


言われるままにユノの腰にしがみついた。

皮のジャケットを通して

ユノの体温が伝わってくる。


勢いよく走り出したバイクに
身体が半分置き去りにされるような感覚を覚えながら

少しひんやりと落ち着いてきた
街中の風を浴びる。。。



まだ街頭の灯らない

自然光。。。

人や車や建物が

僕の横を色とりどりに通り過ぎていく。。。


オフィス街の近代的なビルと
中世の古い建物が混在するこの街の
夕暮れの景色。。。

フィルム越しではあっても

僕の目にはとても鮮やかに



鮮やかに見えた。。。



ユノは時折振り返って
僕の様子を確認する。


僕は

大丈夫だから。。。と

無言で頷き
それに応える。


安心したように

微笑みかけるユノの瞳が

長い時間をかけて凍り付いていた

僕の心を

思わぬスピードで

溶かしていくのを感じていた。。。




街を出て閑散とした道路を走る。



今度は行き交う人もなく

高いビルもない。



オレンジ色に染められた空が

僕の瞳を図々しく占拠する。



なんて

なんて。。。

心地いいんだ。。。


ユノの背中に
頭を寄せてみる。。。



その鼓動を

感じる気がした。。。



するとユノは

急に方向を変えて

薄暗い林を抜ける。



舗装されていない道を暫く揺られると

いきなり

目の前が開けた。





海。。。



初めて見る海。。。



そして


その波の上に再び現れた

巨大な夕日に目を奪われる。


「あっ。。。」


僕の声が合図になったかのように

ユノがバイクを止めた。


先に降りると

また僕を

軽々と抱え上げて

砂浜の上に降ろす。



ヘルメットを脱ぐことが出来ない僕を尻目に

ユノはさっさとそれを取って

荒々しく頭を振り、

髪を整える。



その横顔に目を奪われていると

ふいに僕の手をとって

どんどん歩き始めた。



誰もいない砂の上に

僕たちの足跡だけが

道しるべのように

点々と残っていく。。。



この香り。。。

今僕の喉の奥まで充満している

これが

潮の香りなのか。。。


なぜ。。。?

初めてなのに

懐かしい。




ユノは何も言わず

僕の手を強く握りしめたまま

波際まで来て立ち止まる。



目の前には

さっきよりも少し角度を落として

より一層大きくなった

真っ赤な夕日。。。




まるで




この空と海は今。。。

今だけは

全部

僕とユノだけのもの。。。




そう思わせるような


そんな色だった。




どうしてだろう。。。


涙が溢れた。




ユノは何も言わなかった。




ただ黙って

僕の手を握りしめたまま

一緒に夕日を見ていた。




ユノ。。。


あの日


どうして


僕に夕日を見せてくれたの?



グローブ越しに伝わってきた



握りしめた手のぬくもり。。。



本当は

僕に

何を伝えたかったの?




今でも忘れない。



決して忘れないよ。。。



僕たちだけの



あの海を。。。




E79C9FE78E89E6B5B7E5B2B8E381AEE5A495E784BCE38191-5a406.jpg



<つづく。。。>

<素敵な画像の出処は画像内です。お借りしていますm(_ _)m>


ちょこちょこ訂正・加筆します。
たまに読み返して下さると嬉しいですッ(^ー゚)ノ




関連記事
スポンサーサイト



2011/05/21 Sat. 23:58 | trackback: -- | comment: -- | edit